2012年12月 8日 (土)

負圧取出し

ジョイントとホースが揃いましたんで、早速取り付けました。

まず、負圧を取り出すために、ブレーキブースターへ繋がっている

ホースにT字ジョイントをいれます。

このホースは2本で繋がっており、下の写真のようなジョイントがあります。

そのジョイントからホースを抜き、T字ジョイントで繋ぎなおしました。

Dscf1814


センサーは、純正のバキュームセンサーの隣に固定しましたが、ここで

インマニのカバーが付かないというトラブル発生!

Dscf1802

慌ててステーを買いに行き、取り付けやすいよう一部をグラインダーで加工しました。

Dscf1803

最終的には、こんな感じ

  ↓

Dscf1806

2012年12月 2日 (日)

ジョイント♪

先日、インマニ計の代わりにブースト計を付けると

言ってましたが、無事にDefiの旧式インマニ計が

入手できました。

 #足元みられた感じで、少し高かったですが・・・

ところが、86って、負圧の取り出し口が普通にないんですね!wobbly

ブレーキブースターに繋がっているホースは、内径約10mmで、

センサーの受けは約4mmなんですが、そんなT字のジョイント

なんて、見つかりません。

いろいろと調べたところ、解決策がありました!

  これ

   ↓

Dscf1801


オーイーアール という会社の製品です。

発注時の対応がやや無愛想な感じでしたが、

きちんと対応していただけました。

キャブや4スロ等の製品も扱っており、少しマニアックな

匂いがします。lovely

ブレーキブースターのホースは、圧漏れすると

ブレーキが利かなくなりますんで、中途半端な

耐久性のものは選びたくありませんので、真鍮製

を選び、10mm→8mm→4mmで、繋ぐことにしましたsmile

追記:オイルクーラー取り付け

先日取り付けたオイルクーラー、とりあえず現状は

ノートラブルです。

油温は通勤使用時で、AVE=90度といったところです。

Dscf1809

で、ひとついい忘れていたので、追加です。

取り付け時に、オイルクーラーのホースがウォッシャー液の

注入口付近と接触していたので、下図のようにステーを噛まして

少し移動しました。

接触してると、振動でこすれあって痛んだりするので、事前に

防ぎました。

Dscf1810


Dscf1811

以上、ご参考に!coldsweats01

2012年11月23日 (金)

オイルクーラー取り付け

86は油温がきびしいと、いろんなところに書き込みが

あったので、トラストのオイルクーラーを購入していました。

アルミ板が付いたサーキット・スペックというやつです。

これを付けると、純正のオイルフィルターが付かなくなります。

理由は、センターのネジのピッチが3/4-16UNFに変わるからです。

GReddyのオイルフィルタ(OX-01)が推奨品のようですが、

1000Km走行後に交換予定なので、お安いフィルターを購入しました。

(トヨタ純正の90915-10003相当品を準備すればOK)

コアとアルミ板は既に組み立てておいたので、バンパーの取り外しからです。

取り外しは、、、

今回、写真をとる余裕がないほど必死に作業してしまい、取り損ねました。

(コメント欄に質問していただければ、お答えします)

バンパーは、

 ①フロントフェンダーのライナーをめくると見える穴に

  マイナスドライバーを突っ込んで、ウィンカーを外します。

  (これ、慣れ?コツ?が必要です。これが最大の難関でしたcoldsweats02

 ②ウィンカーを外すと見えるクリップや、バンパーとアンダーカバー

  が繋がっているクリップを外します。

 ③バンパーリテーナーを外します。

 ④バンパーの取り外し時に接触しそうな部分にテープ等で保護します。

 ⑤フェンダー側のバンパーを下方向に引っ張って、3箇所のかん合を

   外します。(左右)

 ⑥ヘッドライト前側バンパーを手前に引っ張って、4箇所のかん合を

   外します。(左右)

Dscf1791

後は、オイルクーラーを説明書通りに取り付ければ完了です。

Dscf1792


オイルクーラーを取り付けるついでに、油温計と油圧計の

センサーも取り付けました。

アタッチメントは、JURANのSAB-4を使用しました。

Dscf1793

バンパーを外すと分かりますが、TOYOTAの文字は

ひとつもなく、SUBARUの文字ばかりでした。coldsweats01

 

2012年11月18日 (日)

祝納車!&メーターパネル取り付け

2012.11.17 11時過ぎ・・・

ついに、86が納車されました。

営業の方から丁寧に説明を受けた後、エンストしないように発進し、

急いで帰りました。

納車日は、あいにくの雨で、洗車は断念。

Dscf1786


仕方ないので、A.C.E+(エース) 3連メーターパネルを取り付けました。

お品は日記に載せてますが、詳しくは、これ。

  ↓

http://www.auto-craft.net/cathand_car_parts/detail_240629.php

パネルは、助手席側のダッシュボードに加工が必要です。

加工には、リューターを使用しました。

パネルを固定するには、付属の4mmビスを使用するそうですが、

ここで問題発生!!

パネルにタップが切ってありますが、サイズは3mmの穴でした。bearing

慌てて3mmのビスを買いにいきました。

固定時には、グローブBOXを外してからビス止めするのですが、

グローブBOXが中途半端にしか外れず難航しました。

パネルは値がはりましたが、カーボンタイプで良かったです。happy01

Dscf1794

コントローラーは、グローブBOXにアルミ板を加工してオリジナル

ステーを作成して取り付けました。

Dscf1795


ダッシュボードの加工に1.5~2H、パネルの固定に2H程かかり、

納車日当日は、これで終了!coldsweats01

2012年11月11日 (日)

86納車日決定&メーターパネル

ついに、

納車日の連絡をいただきました~♪

納車日は、11/17(土)。heart01

購入を決め手から、約2ヵ月半+αほど待ちました。

BRZに比べると短納期のようですが、私的には長かった・・・coldsweats01

と、同時に、注文していた最後のパーツが届きました。

タイトルにも書いてますが、それは、オートクラフトのメーターパネルです。

こちらの納期も、実車並みに長くて、約2ヶ月かかりました。

届いたのは、これ。

   ↓

Dscf1782

FRPとカーボンタイプがあり、ちょっと奮発してカーボンタイプのパネルを購入しました。

見た感想・・・、綺麗です。good

で、早速、メーターを1つ、2つと入れてみます。

フィッティングも良です。

が!!、穴は3つあるのですが、メーターは2つしかありません

笑ってください。。。。bearing

Dscf1783

とりあえず、押入れをゴソゴソあさってみると、、、

Dscf1784


アペックスの排気温度計と、ブリッツの機械式ブースト計があったので、

穴埋め+バキュームチェック目的で、ブースト計を入れることにしようと思います。

油温と油圧計は、日本精機の旧式モデルなので、追加購入ができないので

しょうがない!

あ~ぁ、、、weep

取り付けは、下の写真のように奥域があるので、車側に加工が必要です。

Dscf1785


ちなみに、納車直後は、洗車。

次に、ナビ&ETC取り付け。

で、その次は、オイルクーラー&メーター。

最後に、車高調の予定で、やろうかと思っています。

2012年10月28日 (日)

スイスポとお別れ&86初試乗

スイスポを新車で購入して、約7年・・・

ナビとスズスポの車高長以外はすべて取り外し、お別れをしてきました。

Dpp_0021

前日は、感謝の気持ちを込めて、丁寧にワックスをかけました。

Dpp_0017

足はややへたり気味&Fスポイラーに色あせがありますが、

エンジンは絶好調です。もとに戻したノーマルシートも購入後に、交換していたので新品同様です。

良い次期オーナーさんに乗ってもらえることを願っております。

で、本日、86の試乗をしてきました。

発注後に試乗するなんて、初めてです。

グレードは、GT、ATです。

営業の方のご好意で、都市高も走ることができました。

まず、多くの方が低いとおっしゃってるパワー。 

ATのせいか、アクセルを踏んだときのレスポンスは今一ですが、個人的には十分でした。good

加速を始めると、あっというまに、程よいスピードがでます。

次に、足。

ノーマルとしては良いほうだと思います。

それなりの速度でも曲がってくれました。

ただ、個人的には、グニャグニャ感があり、ちょっと怖かったです。coldsweats01

途中、これで本当に曲がりきれるのかって不安意に思ってしまいました。

これは、自分の車が納車されたら、再確認してみようと思います。

以上、86初試乗の感想でした。

ちなみに、私の86は、まだ組み立てをはじめていないらしい。weep

2012年10月14日 (日)

GReddyオイルクーラーの組み立て

先日発注した86は、ま~ったく納車のめどがたってません。

このままだと、寒~い季節に凍えながら、くるま弄りをやることになりそうです。

その時の作業効率を考慮し、オイルクーラーの組み立てをしました。

物は、サーキットスペックなので、アルミの導風板がついてます。

この導風板とコアの組み立てを行いました。

Dscf1781


この組み立ては、ちょっと手間がかかりましたが、

1/1のラジコンのパーツを組み立てているようで楽しかったです。

2012年9月29日 (土)

車買い替え・・・決めた後

納車は、まだ先ですが、、、

おとなしく、じ~~っと待っておくことができず、

パーツ選びを始めました。

Dscf1780

ナビ、足、オイルクーラーを新規購入しました。

ホーン、メーター、ウーハーは、スイスポから移植します。

当初、オイルクーラーは予定してなかったのですが、

油温が結構高くなるらしいので、ネットで眺めてたらお買い物カゴへ

入れてました。。。sweat01

あとは、メーターパネルを購入予定です。

取り付け作業は、まだ先になるので、

配線加工でもやりながら納車を待つことにします。weep

2012年9月24日 (月)

シート交換のメモ

おそらく、スイフトの作業記録は、これが最後になります。

本日、社外シートをノーマルへ戻しました。 その時の新たな発見をメモに残します。

以前は、、、

運転席シートは運転席側の前か後ろから、助手席シートは助手席側の前か後ろからシートの出し入れをしてました。

で、今回は、

リクライニングシートの背もたれを少し後ろへ倒した状態で、運転席シートは助手席側の後ろから、助手席シートは運転席側の後ろからシートの出し入れをしました。(※フルバケは、以前通り)

すると、ドアや内装にシート・レールを当てる心配なく、あっさり作業できました。good

今後、やられる方がいましたら、お試しくださいませ。

ただし、後部座席のシートとシート・レールが擦らないよう注意が必要です。