« 走行距離:2000Km超 | メイン | エアクリ交換 »

2013年3月24日 (日)

足交換

桜がそろそろ満開なろうという季節になりました♪

ポカポカと暖かい今が絶好の弄り日和です。

ということで、納車前に購入していたクスコの車高調「ZERO-3S」への交換作業をやることにしましたlovely

ちなみに、この車高調の標準スプリングはF=8Kgf/mm、R=7Kgf/mmなのですが、

カスタマイズ可能だったので、前後共に1Kずつ高めのバネレートをチョイスしてました。

と、いうことで、作業開始です。

作業は、フロント左右、リア左右の順でやっちゃいました。

(1)まず、F側ノーマルの足の取り外しです。

   下図の赤丸部を取り外します。

   ・スタビリンクのナット

   ・ブレーキホース固定ボルト

   ・ABSセンサーケーブル下側のクリップ

Dscf1837

(2)次に、ABSのセンサーに繋がっているケーブルの上側を

  外します。

  最初は、クリップ毎外そうと思いましたが、なかなか取れないんですcoldsweats02

  それで、下図のように外し、ショック本体を取り外した後に、クリップを

  外すことにしました。

Dscf1838

実は、1本目の取り外しで、一番時間がかかったのはこのクリップの取り外し。

構造が分からず、ちょっと難航したので、アップを載せておきます。

    ↓

Dscf1839

(3)ここまでくれば簡単で、ナックル側→アッパーマウント側

   の順でボルト&ナットを外し、ショックを車体から抜きます。

(4)取り付けは、取り外しの逆作業です。

Dscf1843


   取り付け後は、減衰力と寸法設定です。

   減衰力は、クスコの走行時データを参照し、#12に設定。

   寸法は、スプリング下皿~シェルケースネジ下までの長さを

   A寸と取説に書いてたのですが、そのA寸をオリジナルで

   35mmに設定しました。

(5)次は、R側です。

   まず、トランクを開け、内装の一部をカット。

   (交換後のショックの頭が下図のように飛び出すため)

 

   面倒なので、ニッパーでカットしました。

Dscf1848


(6)次は、ノーマルのショックを外します。

   下図は、いきなり交換してますが、

   アッパーマウントのナットを外し、次にロワアームのショック下側の

   ボルトを抜いただけではショックが取り外せませんでした。

   スタビリンクからすべてのボルトを抜いて、やっと取り外す

   ことができました。

Dscf1846


  取り付け後は、減衰力と寸法設定です。

   減衰力は、クスコの走行時データを参照し、#18に設定。

   A寸は、オリジナルで15mmに設定しました。

とりあえず、これでおしまい♪

あと、やったことは、F側のトー角のズレ調整くらいです。

こちらは、以前、数値管理を助言していただきましたが、

相変わらず目検討でやりました。

キャンバーは、アッパーマウント側は弄らず、車高調付属の

変心ボルトで、ややネガ側に設定しました。bleah

軽~く走ったのですが、、、

感じは、ノーマルとは別物で接地感が抜群でしたnotes

コメント

コメントを投稿