« 負圧取出し | メイン | オーバー・クール »

2012年12月16日 (日)

タイヤを外すと、怪しい物体が。。。

86が納車されて、あっというまに1ヶ月が過ぎようと

してることを、営業さんからの1ヶ月点検のご案内で

知らされましたcoldsweats01

納車後、バンパーは外しましたが、タイヤを外したことが

なかったので、メンテついでに外してみることにしました。

が、ナットが固くて、自力ではまったくゆるみません。wobbly

ちなみに、シートレールのトルクスネジもゆるみません。

しょうがないので、コンプレッサー回して、インパクトを

使っちゃいました。

タイヤ外すためだけに、インパクトを準備したのでは初めてでした。

でも、走行中でなく、自宅で良かったです。途中でパンクしたら危ないとこでした!

で、ナットを外すと、びっくり!!

蛾が、ハブボルトに挟まってました~

Dscf1815

これは初じめての経験です。

いくら、急いで作ってるからって、あんまりですよね~

とりあえず、気持ち悪いんで、エアガンで吹き飛ばしたら、

自分のところに蛾が飛んできて、これまたビックリ!

ま~、貴重な経験をしました。

ちなみに、今回はタイヤを外して、ハブ&ハブボルトへ

モリブデングリースを防錆対策目的で塗りました。

おしまい!

【おまけ】

  ↓

Dscf1819


ホイールにも、スバルの刻印がありました。

86は、まるでトヨタの仮面をかぶったスバル車だ!smile

コメント

コメントを投稿